受け継ぐもの

洋風のお墓を立てる事は出来ますか?

今お墓は生前に自分で選んで決める時代へと変わってきました。
それには、核家族化が進んでいることで代々受け継がれているお墓とは別に、夫婦や個人でお墓を作る人が増えてきているといえます。
また今民間の霊園などでは、入口や外観を見ても墓地だとは思えないほどきれいな空間になっています。
なので思わず何度でも足を運びたくなってしまう、そんな霊園が多いです。

そのような霊園では、お花で作られたアーチなどガーデニングもきれいな場所もあります。
お墓の区画の周りも芝生や洋風なレンガなどが敷き詰められているところも多いです。
そのような霊園を魅力的と感じる人には、洋風のお墓を建てることがお薦めです。

個人的に宗派などのこだわりがなければ、どんなお墓を建ててもかまいません。
ただし寺院で檀家になっている場合は、お寺でお墓を建てることになるので、和風なお墓を選ぶことになるでしょう。
しかし夫婦や個人でお墓の購入を考えている人であれば、洋風なお墓に合う霊園の区画の永代使用料を払うことで、洋風なお墓を建てやすくなります。

洋風なお墓は西洋映画などのワンシーンなどに登場することも多く憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。
さらにお墓というと暗くて、怖いイメージを持っている人も多いです。
しかし洋風なお墓では、そういったイメージを覆すようなお墓が多く建てられています。

お墓も高さが低く、横長な石材に自分の好きな言葉などを選んで彫刻してもらうことができます。
また文字だけでなく、好きな花なども彫刻してもらうこともできます。

お墓にかかれる文字は、漢字一文字の場合が多いです。
そのほかには漢字で二文字以上、ありがとうといったあいさつ文的なものも彫刻してもらうことができます。
生前自分の好きな言葉だったり、お墓参りに訪れてくれる人も穏やかな気分でお参りすることができます。
特に女性の人が洋風なお墓を選ぶ傾向があり、墓石の色目もグレーだけでなく落ち着いた黒色、白に近いグレー、薄ピンクがかった墓石もあります。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.