受け継ぐもの

お墓を作るにはどこが一番いいとされていますか?

今生前から自分のお墓を購入する人が増えてきています。
そんな方法を選んでいる人の多くは、死後身内に迷惑をかけたくないという人が多いからです。
また死後、お墓のメンテナンスも身内の人の一つの役目にもなります。
それがあまりにも負担にならないようにしたいと思って選ぶ人が多いです。

お墓も今では暗くて、不気味なイメージはありません。
最近の霊園は、施設の中に公園があったり、法事などで使用できる施設があるところも多いです。
またお墓参りの際に少しゆっくりできるような休憩スペースなども広く設けられています。
夏なら冷房、冬なら暖房なども完備されています。
なので少し休憩しながら故人の思い出話などを話したりすることもできます。

そんなお墓をどのような場所に作るのが一番なのでしょうか。
一番大事なことは、立地です。
死後お墓の管理をする身内の人の生活圏内にお墓を用意するのがベストでしょう。
お墓参りを怠ってしまうと、行かなくてはと気がかりに思う人がいます。
いくら環境がよくても、車で数時間以上かかるお墓では、お墓参りをするために一日時間がかかってしまいます。
生活圏内にお墓があれば、少し時間ができたときにお墓のメンテナンスができます。

また故人も近くであれば、お墓参りとして会いに来てくれる頻度が高くなります。
管理も行き届きますし、自分のことを大事にしてもらえるのではと思うでしょう。

身内にとてもいつでも行ける環境だからこそ、何かちょっとした報告を兼ねてお墓参りにも足を運びやすくなります。
近くにお墓あることで、ご先祖様に見守られているような感じを受けます。

なのでまず一番は生活圏内でいつでもお墓参りに行ける環境にしておくことが大事です。
そうすることで身内にとってもお墓が気がかりでということもなくなります。

また交通機関がととのっているところを選ぶのも大事です。
霊園はえ気の近くなどに建てられていることがほとんどありません。
郊外の高台で日当たりがよく、広い土地があるところに設けられていることが多いです。
なので車などがある人は好きな時間に行くことができます。
しかしアシがない人にとっては、郊外に行くためには不便に感じる人も多いです。
なので最寄りの駅から霊園までのバスの本数が多いところがいいでしょう。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.