受け継ぐもの

公営墓地のお墓には使用期限が設けられていますか?

お墓の購入を考えている人にとって、まずいろんな知識として知っておかなければいけないことがたくさんあります。
特にお墓は一生に一度買うかどうかの買いものです。
代々引き継いでいるお墓がある人は、一生買うことがないかもしれません。
なので専門的な知識がないのは当然です。

しかしどのような方地でお墓を買わなくてはいけない状況になるかわかりません。
そのため、万が一に備えて一つの知識として知っておくといいでしょう。

まずお墓の購入先について、主に三種類に分かれます。
一つ目が寺院のお墓です。
寺院のお墓を選ぶということは、その寺院の宗派に従いお寺の檀家になることが条件です。
なので自分の家計の宗派や檀家になることでのお付き合いや寄付などがあることを忘れてはいけません。
その代わり、お墓の管理はひとつひとつちゃんと目が行き届いているといえます。

そしてお葬式や法事などがある場合は、お寺の住職さんがいろんな手配をしてくれます。
なので、焦ることなく無事葬儀を執り行うことができます。

二つ目が、民間の墓地です。
各地域にある霊園などが民間墓地であることが多いです。
宗派も問われず、戦前からお墓を購入することができ、交通の便なども利用しやすいように手配されています。

三つ目が公営墓地です。
県や市などによって管理されている、墓地のことを指します。
永代使用料や管理費がとても安価ということが魅力の一つです。
ただし生前に墓地の購入ができず、住民票があるところしか応募できなかったり、遺骨が手元にある状態でなければ応募できないといった条件があります。

また公営墓地の場合は、永代使用料を支払った後に、各自治体で定められた期間内必ず墓石を購入しなくてはいけないという決まりがあります。
なので土地だけ準備して、必要に応じてお墓を立てるといわけにはいきません。

また運営している都道府県にて、使用期間が定められているところもあります。
もちろん無制限のところもあります。
有効期限にはいくつかのきまりがあります。
例えば、管理料継続制では、管理料を支払っている間は使用できる権利が発生しています。
支払われなくなって三年たつと使用権がなくなり、改葬されてしまうという制度です。

もうひとつは30年という期間を区切り、使用後は改葬されるという方法です。
も最後は更新制で、明確な利用者が存在していて、管理料が支払われていて更新することで使用権が認められる場合です。
各自治体で制度が異なるため、募集の際には確認してから応募するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.