受け継ぐもの

お墓を他人に譲ることはできますか?

今お墓の管理についていろんな障害が生まれてきています。
例えば、今まで代々受け継がれていたお墓でも、結婚したが子どもに恵まれず、代が途切れてしまう場合もあります。
またお墓から遠方のところに生活基盤があるため、頻繁にお墓参りができない人もいます。
そのほかにも子供が女の子しかいないため、みんな嫁いでしまい家を継ぐ人がいないといった問題を抱えている人もいます。
これ以外にも様々な家庭の事情によって、お墓を管理するのが難しいと感じる人が増えてきているのが現状です。

そこでお墓の管理ができないため、お墓を他人に譲ることを考える人もいるでしょう。
そんな簡単に他人にお墓を譲ることができるのでしょうか。

そもそもお墓を建てる時にはどこでも好きなところにお墓を立てれるわけではありません。
お墓を立ててもいいと決められた土地でなければ立てることができません。
そしてその土地は、お墓を管理する人の土地なので、自分の好きなように土地を動かせるわけではありません。

お墓は購入する際に、永代使用料を言うものを支払います。
その使用料は、墓地の一区画を自分のお墓を立てて使ってもいいという許可証になります。
よってその土地ごと自分のものというわけではありません。
簡単にいえば、土地をお墓として使うために借りているということになります。
またお墓の管理費としてもお金を払わなくてはいけません。

そのため簡単に他人にお墓を譲ることはできないようになっています。
基本的にお墓を継げるのは、血縁関係がある直径の世代となっています。
血縁関係がある親せきでも、譲渡は難しくなっています。

ただし例外として、海外などへ移住したため管理ができない人や結婚、離婚で名字が変わってしまった場合は認められる場合もあります。
しかしそのためには、双方の合意書や戸籍謄本などが必須になります。
それ以外にもひつ兆な書類を提出し、役所で認められた場合のみ他人にお墓を譲ることが出気ます。
しかしこのような実例はごくわずかなので、一般的には、お墓の譲渡は難しいでしょう。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.