受け継ぐもの

お墓をお返しするときの方法とはどのような物ですか?

今現代社会において、深刻な高齢化社会と少子化問題が取り上げられています。
このまま双方が続くと、これから大きくなっていくことへの負担が大きくなってきてしまいます。
特に家を継ぐといった習慣が薄くなり、核家族化が進んできています。

そうなることで、地元から離れて生活する人が多くなり、地元離れが起きています。
そこで困るのが、ご先祖様のお墓です。
ご先祖のお墓が遠いがために、しっかりとしたお手入れができないという人もいます。

そこで選択肢として、お墓はそのままで年に数回お墓参りをすることで管理するといった方法か、お墓を引っ越しするという方法です。
ただ単にお墓だけをお返しするという方法はできません。
なぜならお墓を移動するためには、役所での申請が必要だからです。

まず新しくお墓を考えている場所で受け入れ証明証を発行してもらわなければいけません。
そして今ある墓地で引っ越しを承諾してもらい、埋葬証明証を発行してもらいます。
この二つの書類を役所に提出することで、改葬許可証が得られます。
そして初めて、お墓に納骨したご先祖様の骨を受け取ることができるのです。
なので新しい墓地が決まっていないことには、今のお墓だけを処分することは難しいです。

新しい墓地が決まっている場合は、閉眼供養をしてもらいお骨を受け取ります。
そして今までの土地は、永代使用料を支払っていることで土地を使用する権利だけを持っていたことになります。
なので、その借りていた土地をさら地に直して、まっさらな状態にして管理者のもとにかえさなければいけません。
墓石は新たな墓地で再購入する人のほうが多いため、墓石の処分なども行わなければいけません。
そういった処分に関しては、石材店でお願いする、さら地になるように処分してくれます。

お墓を管理人にお返ししたい場合は、必ず新たな墓地を探してから行うようにしましょう。
そしてご先祖様の供養はしっかりしてもらうようにして、安心してお返しできるようにしましょう。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.