受け継ぐもの

お墓と宗派の関係はどのような物ですか?

今テレビなどでも生前にお墓を準備する高齢者が話題になっています。
自分の人生の最後の場所を自分で選ぶ時代へと変わってきています。

今までは代々引き継がれてきたお墓に入ることがほとんどでした。
しかし核家族化が進み、家を継ぐといった人が減ってきてます。
そうなると自然と自分が死んだあとに、供養のためのお墓を用意しなくてはいけなくなります。
このような状態から、今お墓の需要がふえていてお墓不足へと陥っているのが現状です。
人気のある立地や条件などはすぐに募集が打ち切られてしまっているのが現状です。

しかしお墓を選ぶ際に気をつけなければいけないことがあります。
それは、宗派とお墓の関係です。
自分のお先祖様お墓参りをする際に、作法やお葬式、法事などが宗派によって異なります。
お墓を立てる場所によって宗派の違いもあるので、しっかり確認したうえで購入するようにしましょう。

お墓にはおよそ三種類の方法に分けられます。
まず一つ目は民間の土地にお墓を立てることです。
よく○○霊園、○○墓地などといった言葉を聞いたことがあるでしょう。
これは民間が管理している墓地になります。

民間の墓地の多くは、宗派などを問わないと書かれているところが多いです。
なので、多くの人が選んでいる墓地になります。
必ず霊園などの民間の墓地では、管理している人の宗派が存在しています。
特に決まりはなくても無宗派であれば、霊園の宗派にしたがってくださいといわれる場合もありあす。
なので、宗派問わずといわれてものちに、宗派にしたがってくださいといわれる場合もあります。
このようなトラブルに巻き込まれないためにも、契約する事前の確認を怠らないようにしましょう。

もうひとつは県や市によって管理されている公営の墓地です。
公営の場合は、宗派にとらわれることが一番ありません。
しかし募集の枠も少なく、すでに遺骨が手元にある状態でなければ募集に応募できないという条件があります。

最後に、お寺でのお墓があります。
お寺の場合、まず化ならずそこのお寺の檀家にならなくてはいけません。
なので必ずそのお寺の方針に従わなくてはいけません。
お布施や毎月お寺の催しなどにも参加しなくてはいけないなどの決まりごとなどもあります。

一見手間の用に思いますが、お墓の管理は行き届き、法事などでは寺院をお借りして行うこともできます。
なので安心してご先祖様を祭ることができる環境であるといえます。
寺院でもお墓の数はかぎられているので、もし検討している人は早めにお寺で相談することをお薦めします。

お墓を選ぶ際には、自分の宗派の関係なども含めて、どこまで強制されるのかなどしっかり確認してから購入しましょう。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.