受け継ぐもの

お墓を移動させるときの手順とはどのような物ですか?

今核家族化が進み、地元に伝わる代々のお墓の管理をする人が少なくなってきています。
お墓参りには、年に2回のお彼岸の時期か命日にお墓参りできれば多い方といわれるほどです。

昔はお墓参りは毎日のように行われていました。
それは生活習慣の一部としてなっていて、生活圏内にお墓がある人が多かったです。
そしてご先祖様に対する、感謝の気持ちなどが今よりも強く持っていたため、同然のように行われていました。
しかし今では家を継ぐといった風習が風化してきているため、家を継がなかったり地元から離れて暮らす人も増えています。
なのでお墓の管理がとても難しくなってしまっています。
それでもやはりお墓をほおっておくことはできないと思う人が多く、気にはなっているけどどうしようもできないと思っている人も多いです。

そんな人が考える手段としてお墓を移動するということです。
生活圏内にあれば、お墓参りやお墓の管理もしてあげられます。
そこでお墓は簡単に移すことができるのでしょうか。

まずお墓を動かすには、役所への申請が必要になります。
新しいお墓の場所が決めて、受け入れの証明書をもらいます。
そしう今のお墓の管理者に改葬の承諾をしてもらい、埋葬証明書を書いてもらいます。
この二つの証明証を持って役所に行かなくてはいけません。

そして役所で改葬許可申請書をもらい、記入して埋葬証明証を提出することで、改葬許可証が発行されます。
その改葬許可証を今のお墓の管理者に提出して、閉眼供養をしてもらいお骨を取り出します。

取りだしたお骨は、新たなお墓の管理者に埋葬許可証を提出して、開眼供養を行い埋葬してもらいます。
これでお墓の移動は完了します。

今までのお墓は、さら地にして返すのが常識となっていますので、そこまでしっかりと失礼のないように行いましょう。
思った以上に手続きなどに時間や労力がかかるため、そのままになってしまう人も多いです。
しかしこれからお墓をまたく管理する人がいなくなった時のことを考えて正しい方法をしっかり知っておきましょう。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.