受け継ぐもの

お墓にある古いお骨をどうするかはどのようにして決定しているの?

お墓は先祖代々の型の遺骨が含まれています。
今では家族化が進んだことで、新た墓地が次々と出来上がりあまり多くの遺骨が納骨されていない場合が多いです。
納骨の仕方は地域や宗派によっても方法が異なります。

一番多い方法としては、骨壷のまま納骨すると言う方法です。
平均的な一区画に設置しているお墓で、骨壷が1体から2体がはいるようになっています。
お墓の広さによって納骨できる骨壷の数も変わります。
多いところでは、6体ほど納骨できる場合があります。

そこで納骨部分に骨壷が入らなくなってしまった場合、どのようにするのでしょうか。
地域や宗派によっても異なりますし、霊園での管理の仕方によっても異なります。
なので、事前に確認するようにしておきましょう。

特にいアッまで安らかに眠っていたご先祖様のお骨を動かすということに抵抗がある人もいるかもしれません。
何世代も前の遺骨であれば風化している場合もあります。
しかし骨壷のまま納骨しているのであれば、中身は風化していても骨壷自体はそのままの形を保っています。
なのでどうしても限られた場所に納めなくてはいけません。

さらに本来、遺骨は自然に帰してあげることで浄化されるという考えもあります。
なので、宗派やその地域に適した方法で、古い遺骨をどうするのか話し合いましょう。

骨壷が納骨部分に入りきらなくなった場合、まず古い骨から対応していきます。
骨壷へのこだわりがない場合は、納骨袋に入れ変えてまたお墓の中に戻します。
骨壷がなくなった分スペース的には、余裕が出てきます。

また納骨部分のそこが土になっている場合もあります。
その場合はお骨を、土の上に撒き自然に帰すこともできます。
中には、すべてが石で囲まれている場合もあるため、すべての墓石でできるといわけではありません。

最後に骨壷のまま保管したいという人には、古い骨壷の骨から粉骨するのも一つの方法です。
骨壷の大きさも3分の1ほどになるため空間も広くなり、スペースが確保できます。

そちらの方法にしても、供養しながら行うことになります。
なのでお墓の管理者と話し合いをして決めるようにしましょう。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.