受け継ぐもの

遠いお墓のメンテナンス方法とはどのような物ですか?

今核家族化が進み、地元から離れて暮らしている人が多いです。
そんなに人にとて気がかりなのが、お墓の存在です。
毎日があわただしく過ごしているため、なかなか自分の生活圏内から遠出することが難しくなっています。

遠方といっても日帰りで行くことができるのであれば、まだいつでも行こうという気になれます。
しかしかなりの長距離に住んでいる場合は、日帰りでお墓参りに行くのも難しくなります。
すると最低でも1泊2日の時間が必要になります。
また身近に親せきなどがいない場合は、宿泊施設を確保したり色々な手間と費用がかかってしまいます。

それでもやはり方ほうっておけないのが、お墓の存在です。
今の自分があるのはご先祖様のつながりがあってのことです。
なのでそんなご先祖に感謝の気持ちを伝えたり、供養する気持ちを忘れてはいけません。
なので多くの人が申し訳ない気持ちと、なかなかお墓参りにいけない現状の板ばさみにあっている人が多いです。

さらに数年お墓参りをしていないだけで、墓石のメンテナンスやお墓の区画内の雑草などがはえてしまう場合が多いです。
お墓は自分だけの場所ではなく、近所の人のお墓や全くしらな人のお墓などが周りにあります。
雑草などが生えて迷惑をかけてしまっているケースもあります。

そんな人にとってメンテナンスの方法として、お墓参りの代行サービスがあります。
なかなかお墓参りにいけない人にとって、自分の代わりに拝んでくれたりお掃除などを徹底して行ってくれます。
本来はご先祖の供養なので、本人がいかなければいけません。
しかし、お手入れだけでも失礼のないようにしたいという気持ちから多くの人を利用しています。

代行してくれる業者は、まずお掃除する前の写真を撮っておきます。
そしてすべての作業後の写真をいろんな角度から写真を撮って報告してくれます。
なのでどのようにお手入れしてくれたのかがはっきりわかるようになっています。
そして写真で見ることで、気持ち的にも無事お墓のお手入れができたことが分かり安心します。

お線香などもあげてもらえますし、お供えなどももちろんしてくれます。
さらに希望があれば害虫駆除の薬なども撒いてくれます。
なのでなかなかお手入れが行けず心配な人には、少しでもきれいな状態がキープできます。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.