受け継ぐもの

お墓が足りないと聞きましたがそれはどうしてですか?

今お墓不足が深刻な問題になっています。
希望する土地でのお墓を見つけるのがとても難しくなってきています。

その理由は、大きく分けて2種類あります。
まず一つ目は核家族化が進んだことです。
今家をついでお墓を守っている人はどれだけいるでしょうか。
兄弟が多い場合は、だれか一人だけがその土地やお墓を守るために家を継ぐようになっています。
また男の子でなくても、女の子で婿入りしてもらい家に入ってもらうことで、お墓を守ることができます。
しかしそれだけのリスクを背負ってもお墓を継がなくてはいけないという意識が低くなっています。

なので地元から遠いところに住んでいる人は、地元のお墓を継ぐよりも、自分たちの生活圏内から近いところにお墓を立ててしまう人が多いです。
核家族が進むと同居しているわけではないので、一つの世帯として独立した状態になります。
なのでお墓も別々に立てるという人も増えてきています。

もうひとつの理由は、生前にお墓を立てる人が多いということです。
今高齢者にとって、終活という活動が盛んになっています。
終活は自分の最期とどのようにして行うのか生前のうちに決めておくということです。
その中には、お葬式の手配やお墓を前もって購入している人もいます。

特にお墓は、死後身内の人がお墓参りに来てもらいやすいように、限られた地域で探している人が多いです。
なので人気のあるお墓の場所では募集があったらすぐに埋まってしまいます。
もしくは抽選で決められるところもあります。
なのでお墓が足りなくなってきているのが現状です。

希望している立地でお墓を建てるためにお墓選びのナビサイトを活用している方も増えています。

今新たに作られる霊園では、霊園の中に公園があったり、売店などの施設が整っているところが多いです。
またペットと一緒に入れるお墓があったり、ペット専用の墓地なども扱っている霊園があります。
そういった新たなサービスが充実していて、お墓ばかりではなく外観にもこだわった場所歩と人気なためすぐに埋まってしまいます。

今お墓を選ぶのは、亡くなった故人の身内が行うものではなく、自分のお墓を自分で選んで建てる時代へと変わってきています。
なのでお墓は自分のタイミングで購入することになるため、これ以上に高齢化が進めば進むほどお墓不足がより深刻な問題になるといえます。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.