受け継ぐもの

歴史上の人物のお墓は誰がどのように管理しているのか教えて下さい?

今墓マイラーと呼ばれる人々が存在しています。
この墓マイラーの活動は、全国に埋葬されている有名人のお墓を散策している人たちのことを指します。
歴史上の著名人たちもこの世に制を受け、そして何らかの形でなくなっています。

そんな人たちのお墓を参拝しに行くことで、その時代に生きた歴史所の人物同じ場所にいるという不思議な感覚になります。
そこでそんな歴史的有名人のお墓はどのような形で管理されているのでしょうか。

まず明治7年からある都立雑司ヶ谷霊園には多くの著名人が眠っています。
特に芸術家や小説家、文学家などが多く眠っています。
夏目漱石や竹久夢二、ジョン万次郎らのお墓があります。

そのほかにも多磨霊園には、三島由紀夫、新渡戸稲造、岡本太郎、長谷川町子、与謝野晶子、遠藤周作といった有名人が眠っています。
多磨霊園にはもっと多くの著名人のお墓があります。

これらのお墓は、東京都が管理しているいわゆる、公営の墓地といえます。
管理事務所などに、職員がいて管理しています。
有名人のお墓をだれでもお墓参りできるようになっています。

またこのような霊園とはことなり、歴史上の戦士大物の政治家はお寺などでお墓を管理されている場合が多いです。
お寺は限られた土地の中でお墓を管理しています。
なので一番目が行き届く場所とも言えます。

特に戦国時代の武将や明治維新に活躍した人々は、地元のお寺などで供養されている場合が多いです。
怒涛の時代を生き抜いていた人たちのその魂は、しっかり成仏させるためにも、お寺の住職の基管理されるのがよいとされています。

そして亡き有名人をしのんで、命日などには霊園や寺院をおと連れる人もいます。
著名人の墓を前にして、偉大なパワーを感じ取る人もいます。
また同じ空間にいるというだけでも、不思議な空気感などを感じる人も多いです。
地域的にも京都や鎌倉などは有名寺院がたくさんなる地域に、有名武将や政治家かといった人々が眠っている場合が多いです。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.