受け継ぐもの

お墓にお供えする花の種類はどのような物が一番いいとされていますか?

お墓参りには欠かせないものの一つに生花があります。
故人をしのぶ気持ちで、お墓に備えるものとして忘れてはいけないものの一つです。

普段からガーデニングや花が好きな人は、どのような花が適しているのかわかっている人が多いです。
なので悩むことなくすぐに選ぶことができます。

しかしお墓参りの年に一度いけるかいけないかぐらいの頻度で、花に関して詳しくない人はなのをえらんだらいいのかと迷ってしまう人が多いでしょう。
お盆やお彼岸などの時期では、お花やさんでもお墓参り用の花を花束にして用意しているところもあります。
なので同じ花束を対で用意すれば問題ありません。

だれもが一番最初に思い浮かぶお花といえば、菊ではないでしょうか。
菊には邪気をはらうという意味があるので、お墓参りには適しているといわれています。
また菊は他の花に比べて、日持ちが長いということも選ばれる要因とも言えます。
長期間において墓石を華やかに彩ってくれます。
なかなかお墓参りに来れない人ほど、なるべく長い期間お花が華やかなほうがいいでしょう。

菊以外の花を選ぶ場合は、季節の花を取り入れるのも一つです。
りんどうやアイリスやユリなどを選ぶ人もいます。
また故人が生前に好きだった花を選ぶ人も多いです。

しかし中にはお墓あまりふさわしくないお花もあります。
それは棘があるような花です。
バラやアザミなどはご先祖様に対して棘があるようなイメージを与えてしまいます。
バラが好きな女性が多いため、好きな花だからと飾ってあげたいと思う人もいるでしょう。
しかしそういった意味合いもあるため、なるべく避けた方がいいでしょう。
またバラなど赤い色の花は血の色を連想してしまいます。
なのでお墓に飾る色目としては選ぶ人はあまりいません。

お花の色目では、純白や純粋なイメージの白や故人をしのぶ色目である青色などを選ぶと無難でしょう。
数も奇数になるように選び、花の大きさなどもありますが菱形のように飾るのがいいとされています。

細かいことがあるかもしれませんが、心配な人はお花屋さんと相談してどのような種類がふさわしいのか相談して決めましょう。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.