受け継ぐもの

お墓を英語ではどのように発言していますか?

お墓と家は日本語では表現方法が一つしかないため、自然と何のことを指しているのかということが分かります。
しかしお墓のことを英語で伝えようと思った場合、お墓の種類などによって名称が異なることもあります。
なので英語圏の人と、お墓の話になった場合、間違えずに発音できるようにしておきましょう。

日本後で言うお墓の意味に最も近いのが、grave「グレイヴ」という発言が一番感覚的に近いといわれています。
掘るという意味もあり、墓穴といった意味合いもあります。
お墓参りに行くというフレーズを英語で表すと、visit a graveという表現になります。
なのでgraveはお墓という表現に近いといえます。
墓地のことは単語でgraveyardと表現されていることが多いです。

そのほかにも類義語としては、tomb「テウーム」などもあげられます。
tombはお墓も盛り土という意味で、墓石のことを指す場合もおあります。
それ以外では地下にある納骨堂のことを記す場合もあります。

最後にsepulcherという単語は、埋めるという意味があります。
お墓の中でもレンガや石などで作られたお墓のことを指します。

このようにお墓の作られ方やお墓の作られているものによって英語の表現方法が変わります。
また日本で言う共同墓地のことはcemetaryと表現されています。

日本語の場合は墓地という言葉に対して、共同墓地など何かしらくっつけて表現するため、わかりにくいと感じることはありません。
しかし英語の場合は、形態によって単語自体がまるっきり変わってしまいます。
なのでどれも墓地という言う意味合いがあるため、わかりにくくなってしまいます。

そのため迷ってしまった場合は、一番スタンダードなgraveという単語を使用するのがわかりやすいといえます。
また日本と同様、お墓参りという習慣はあっても作法や方法など大きな違いがあります。
お国柄の問題もありますが、日本人の心はしっかり継承していきたいと感じる人は多いといえます。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.