受け継ぐもの

動物のお墓と人間のお墓の違いはどのような物ですか?

今多くの家庭でペットが飼われています。
ペットも家族同然で、大事な一員として育てられていることが多いです。

今ペットをとても大事にしているため、ペットに関する事業がとても拡大しています。
例えば、ペットのしつけや留守がちな人にとって幼稚園の施設もあります。
またペットシッターやペットホテルなどもあります。

そしてペットがなくなった際にも、ペットのお葬式やお墓などの需要も増えてきています。
ペットと一緒にお墓にはいりたいと考えている人も多く、一緒に入れるお墓などの施設もあります。

昔から動物の骨が一緒になることは避けるべきだといわれています。
縁起が悪いという人もいます。
なので身内の中ではいくら家族同然に住んでいたペットでも、一緒のお墓に入るのを嫌がる人もいます。
それでは、動物のお墓と人間のお墓の違いはあるのでしょうか。

実際ペットをなくしてしまった場合、人間と同じように火葬し納骨するといった方法は同じです。
お葬式まで行い生前かわいがってくれていた人に、参列してもらう人もいます。
そして葬式後は、お骨を自分の近くにおいておき、100日か一周忌に起用してもらいながら納骨する人が多いです。

納骨先はペット霊園などにお墓と建てる人もいます。
それ以外には動物の共同墓地に埋葬してもらう人が多いです。
どちらにしても自然に帰してあげることが大事です。

なぜ別々にと考えるのかというと、死後の住む世界が違うからという考え方が多いです。
動物は死後、畜生界に行くことになります。
その世界には自分のペットだけでなく、蛇や虎といった猛獣もいます。
彼らのように肉食の動物にとって人間は、餌としてとらえられ襲われてしまうという考えがあります。

人間は死後は人間界で生きていくことになるため、住む世界が違うのです。
なので同じお墓に入れると、災いが起こるともいわれています。

特に先祖代々に伝わっているお墓であれば、ご先祖様が嫌がるためバチが当たるといわれます。
このように埋葬の仕方などが一緒でも、死後の世界が違うためおなじはかには入れないほうがいいといわれています。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.