受け継ぐもの

お墓のお掃除の仕方の決まりごととはどのような物ですか?

お墓参りをしっかりしていると胸を張って答えられる人が少なくなってきてしまっています。
それは、地元から離れたところに暮らしている人もいます。
また核家族化が進むことで、ご先祖様への感謝の気持ちが薄れてしまっているということも考えられます。
そこで、お墓参りに関して正しい知識をしっかり持ち、ご先祖様に失礼がないようにお墓参りをしましょう。

年煮数回になりつつあるお墓まりだからこそ。しっかりとした作法を身につけなくてはいけません。
そして次の世代にもしっかりと引き継げるようにしましょう。

お墓参りの際に必ず行うことといえば、お墓掃除です。
お墓掃除は、お墓についた際に、一番最初に行う大事なことです。

まずお墓の周りにう液などがある場合は、植木の選定を行いましょう。
時間がたっていると自分のお墓の機器よりもはみ出てしまっている場合もあります。
相手側に迷惑がかからないようにしっかりお手入れしましょう。

そして次にお墓の周りの雑草などをきれいに取り切りましょう。
さらに砂利が敷かれている場合は、ざるなどに砂利を入れて洗うととてもきれいになります。
時間がある場合は、そこまで丁寧に行うとご先祖様にも喜ばれるでしょう。

まわりがきれいに整ったら次は、墓石の掃除になります。
ひしゃくなどで墓石のうえから水をかけることで、ほこりや簡単な汚れを落としていきましょう。
汚れがある場合は、水を含ませたすおポンじや布などを使用して優しく汚れを落としていきましょう。
なかなか汚れが取れない場合は、墓石用の洗剤を使用して汚れをおとすようにしましょう。
汚れを落とす際に家庭用の洗剤など、は墓石を痛めてしまうため使用しないようにしましょう。

そして彫刻で掘られている部分などが汚れている場合は、歯ブラシなどでブラッシングして汚れを落とすようにしましょう。
強くごしごしするとかけてしまったり、痛みが早くなる原因にもつながります。
なのでやさしくブラッシングしてあげましょう。

このようにご先祖さまに感謝の気持ちを込めて、丁寧に行うようにしましょう。
特に年煮ん度もお墓参りに来られない場合は、念入りに行うといいでしょう。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.