受け継ぐもの

生前にお墓に戒名を書くにどのように対処したらいいですか?

今現代において、終活がはやっています。
終活とは、自分の人生の最後をどのように迎え、どのような葬儀やどのようなお墓に入るのかなどを決めることです。
遺影の写真を前撮りして準備をしたり、自分の理想のお葬式を予約しておくなどといった活動です。

この活動が生まれたのは、高齢化社会が進み日本人の寿命が長くなりました。
そして自分の最後をどのように迎えたいのか、考えるための時間が多くなったということです。

何より一番の理由は、自分がなくなった後、身内に面倒をかけたくないという思いがあります。
身内がなくなったときは、悲しみに浸る間もなく、葬儀の準備などで時間が取られます。
そして、費用の面でもお葬式を行うのには、数百万単位のお金がかかります。
なのでそういった費用をかけさせないためにも、終活を行うわけです。

なかでも最近増えてきているのが、生前に自分のお墓を用意するということです。
お墓の費用は、いろんな費用を含めれるととても高いものになります。
一生に一度買うか買わないものな為、相場などわからないことだらけです。

そこで負担をかけず納得いくお墓を生前に用意しておく人が増えています。
お墓は縁起が悪いというイメージですが、生前に立てることで縁起がいいとも言われています。
特に仏教の場合は、亡くなったときに戒名付けなくてはいけません。
その戒名もランクによって戒名料を支払う金額が変わります。
そういった費用も生前にお墓を立てることで、先に清算することができるので金額的な負担をかけさせずに済みます。

生前戒名をもらうためには、お墓を建てる予定の場所の寺院などで自分の気に入った戒名をつけてもらいます。
墓石を買った石材店で、つけてもらった戒名を掘ってもらうようにしましょう。
掘ってもらう際に、そのままではなく生前の人の場合は赤い色で文字の部分が塗られます。
なのでお墓などで、名前に色が付いている場合は、同じように生前にお墓を立てた人ということが言えます。

昔は天皇の古墳などのお墓も、生前から準備されていたため、あれだけの規模のお墓を用意することができたといます。
また生前お墓を立てた場合、だれも納骨されていなくても日常の感謝や願い事などを伝えるといいといわれています。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.