受け継ぐもの

お墓の墓石をどう選ぶかでベストな方法とはどのような物ですか?

今生前から自分のお墓を探している人が増えてきています。
核家族化が進み、代々のお墓に入るのではなく、新たに自分たち夫婦の新たなお墓を用意する人が増えています。
なのでお墓の土地を見つけることがとても大変です。
需要の多いため、希望の場所でのお墓探しが難航しています。

もしお墓が見つかったとしても、次に悩むのが墓石をどれにしたらいいのかということです。
まず墓地を決めた時点、その墓地の墓石を提供している石材屋さんを紹介してくれます。
なのでそこの製剤屋さんから選ぶ場合が多いです。

墓石は一生に一度買うか買わないかというおかいものです。
そのためほとんどの人が専門的な知識がないという人が多いです。
なので石材店のひとに進められるがままに、決めたという人も多いです。
さらに墓石は、安いもの派よくないのでは、値切ってはいけないなどといったイメージがあります。

そこで買ってから後悔しないためにも、墓石の選び方を押さえておきましょう。
まず墓石として一番メジャーなものは、花崗岩という種類のものです。
御影石とも言われています。

そのほかにも緑がかった小松石などの高級墓石が代表的な安山岩も有名です。
ま斑レイ岩やや閃緑岩も使用されていることが多いです。

まず選ぶポイントで最も大事なことは、耐久性です。
墓石は24時間365日、常に外で何のしのぎもなく直接季節の影響を受けます。
豪雨や雪強い日差しなどの季節の影響や地震や火災に巻き込まれる可能性もああります。
何十年も使うことになる墓石だからこそ、一番考えておかなければいけないことです。

そして吸水性も低いものを選びましょう。
水分を含みやすいということは、カビになりやすい状況になります。
その部分がひびが入って劣化が早まってしまいます。
なので水分を吸収しにくい石材を選びましょう。

後は墓石の色目もグレーだけでなく女性に人気のピンク色っぽいものや高級感がある黒色の墓石などもあります。
好みなども考慮しながら、石材選びをしましょう。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.