受け継ぐもの

お墓のお線香は何本が一般的とされていますか?

お墓参りでは必ず必要になるのが、お線香です。
仏教徒の場合は、必ずお線香をあげます。

家での仏壇でお祈りするときも、お墓まりの時も当たり前のようにお線香をあげています。
お線香を上げる行為には、大事な役割があります。

お線香から漂う煙は独特なにおいですが、お参りする人の身を清めるといった意味があります。
またそのにおいをかぐことで、リラックスできる効果があるともいわれています。
なので落ち着いた気分で、ご先祖様と向き合いながらお墓参りができます。

またお線香の煙によってご先祖様や仏様と会話することができるとも言われています。
なのでお線香をたきながら、手を合わせて日頃の感謝の気持ちや身の回りの報告、お願い事などを語りかけます。

またご先祖様にとっても、仏様の食事を意味します。
そして線香の煙は上に上がりながらすっと消えていきます。
なので生前のやり残してしまったことや執念などを消してくれるという意味合いもあるようです。

なのでお墓参りには線香はかかせないといえます。
そんな線香も宗派によって、線香の本数が違うことを知っていたでしょうか。
天台宗と真言宗ではお線香を三本使用します。
禅宗はお線香を二本です。
浄土真宗、浄土宗、曹洞宗、臨済宗、日蓮宗はお線香を一本と決められています。

お線香を立てるのが基本ですが、宗派によってはお線香を寝かす場合もあります。
なので自分の宗派のお線香の上げ方はしっかり覚えておきましょう。

また宗派によっては仏壇にあげる時の線香の本数と、お墓参りの線香の本数が違う場合があります。
お墓の場合には、どの宗派問わずひと束使用してお墓参りする場合もあります。
同じ宗派でも地域によってお線香のあげ方や、本数が違う場合があります。
なのでお墓参りをする前に、失礼がないようにするためにも事前に確認しておきましょう。

お線香はご先祖様との会話や自分の身を清めるといった重要な意味合いがあります。
なのでお線香の正しいあげ方を覚えて、しっかりお参りしましょう。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.