受け継ぐもの

お墓の賢い選び方でベストな方法とはどのような物ですか?

今核家族化かが進み、家を継ぐといった人が少なくなりました。
そうなると核家族でお墓を準備することになります。
今では生きているうちに、身内の人に迷惑をかけたくないといういも力お墓などの手配をしている人もいます。

自分がなくなった後に入る場所でもありますし、残された身内にとっては、お手入れなどをしていかなくてはいけません。
そういったことを考えると、自分だけの考えで決めてもいいのだろうかと思う人もいるでしょう。

そこで実際お墓を選ぶ際に、選ぶ方法として賢い方法をいくつか紹介したいと思います。
まずお墓を選ぶ際に大事なことは、自分たちの生活圏内に近いかどうかということです。
お墓参りの際に、生活圏とはかけ離れたところにあるとなかなか頻繁にお墓参りに行くことができません。
なのでどうしてもお墓のお手入れが大変になってしまいがちです。

将来お手入や管理をしてくれる身内の生活圏内にお墓を立てる方がいいでしょう。
もし自分がなくなった後に、おはかに頻繁に訪ねにきてくれたら嬉しいと感じるでしょう。

また費用の面でも負担がかからないようにしましょう。
基本的には、土地を購入するわけではなく、霊園など土地を管理している人にお墓の区画を借りるという形になります。
そしてそこに墓石を購入して立てるという形になります。
なのでまずお墓の土地を確保するための永代使用料、墓石代、年間の管理費がかかることになります。

また宗教の宗派によってもお墓の購入の違いが生まれる場合があります。
基本的には霊園などでは宗派を問わない場合が多いです。
しかし実際はお墓を飼ってから、霊園の宗派にしたがってくださいという場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

お寺のなどでは、檀家になるのが絶対条件の場合が多いです。
なのでお寺への寄付などの費用がかかってきます。
お寺さん住職さんとの相性などもあるので、慎重に決めるようにしましょう。

それ以外では、納骨堂などに収めるとい方法もあります。
天気などに左右されることもなく、室内のためいつでも気軽にお参りにこれます。
また墓石などを購入するといった負担もないのが特徴です。
しかし、20年など決められて時間が経過すると、共同の墓地に埋葬されることになることが多いです。
なのでご先祖様をずっと自分たちの手でお墓で管理したい人には向いていません。

お墓の選択肢が増えている中、残された身内の生活スタイルに合わせたり、自分の死後の居場所の理想なども含めて考えるようにしましょう。

Copyright(C) 2013 故人の居場所 All Rights Reserved.